kobayashi_big
No.18

小林 千絵子さん

手と花 TETOKA オーナー
神田は“神の田んぼ”だと思う。
この街でお店を開けて本当に幸せ

「いつか、神田で皆が集まって“ほっこり”できる場所をつくりたい」という小林さんの思いから、アートギャラリーカフェ「手と花 TETOKA 」は生まれました。仲良くなったヨガ教室のオーナーから、倉庫だったビル1階のスペースを紹介してもらい計画から1年かけ、セルフリノベーションによって2013年に神田・司町にオープン。

「以前は壁画などの絵を描いたりしていたので、子ども向けの絵画教室をやってみたいと思っていたこともありました。でも、いちばん強かったのは『人が好き』という思い」という小林さん。TETOKAには、近所で働く会社員やアーティスト、若い女の子から年配の方まで幅広い人が訪れ、「たくさんの出会いがあることが楽しい」と話します。店内の大きなテーブルは、隣の人との自然と会話が生まれるような温かい空間をつくり出しています。

「“手のひら”と“花”が好きなんです。手でモノをつくる人が集まったり、花のある人生を送れるような場所になればと思って“手と花”と名づけました。神田でお店ができて本当に幸せです。ひとりじゃ何もできなかったから。神田って“神の田んぼ”って書くからとっても神聖な街だと思うんです。小さなお店がたくさんできて、ここから夢を叶えられる人がたくさん生まれたらいいなと思います」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
手と花 TETOKA

手と花 TETOKA

神田のオルタナティブスペース、アートギャラリーカフェ。かつて紙の倉庫だったスペースを改装し、2013年9月にオープン。展示やDJイベントなども行う。営業時間は16:00〜23:00、水曜定休。(イベント時は営業時間変更、定休日開店の場合も)

〒101-0046 東京都千代田区神田司町2-16
TEL : 03-5577-5309
URL : http://tetoka.jp

閉じる