sakane_big
No.50

阪根 嘉苗さん

アジアンブリッジ株式会社 代表取締役
アジアと日本を結ぶ架け橋として、
日本の企業や人とともに新規事業を
長く育てていきたい

2010年4月から5期目となるアジアンブリッジ株式会社。代表取締役の阪根さんは台湾高雄市に生まれ、6歳のときに日本へ留学し、10歳で日本へ帰化しました。
「台湾と日本の架け橋になりたい」という気持ちを幼い頃から持っていた阪根さんは、大学卒業後に日本の企業で6年の実務を経た後に日本企業の台湾進出をサポートするアジアンブリッジを設立します。

「具体的に私がやりたいことは『台湾と日本の架け橋になることだ』と考えたのは大学生の頃です。社会に貢献したいと考えたときに、自分にできることはこれだ、と思いました」

そのアジアンブリッジが神田に引っ越してきたのは1年前。阪根さんは、もともと地域に対しての意識はそこまでなかったといいます。しかし、アクセスもよく、新旧が入り交じったちょうどよい活気があるこのエリアを今ではとても気に入っているそうです。
「お店の中での人情味のあるやり取り、肩肘を張らずに街を歩ける雰囲気は自分の肌に合っていると感じています。そういう感覚は今までありませんでした」 TOKYO LOCALエリアの会社の台湾進出もサポートをしているアジアンブリッジ。阪根さんは今後もこのエリアでお手伝いできる会社と出会えれば、といいます。

「神田には、小さくても二代三代と長く続いている会社がたくさんあります。このエリアの会社が台湾へ、という場合にはぜひお手伝いしたいです」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
アジアンブリッジ株式会社 東京本社

アジアンブリッジ株式会社 東京本社

日本と台湾・アジア各国の人や企業の架け橋となり活性化を支援する会社。台湾のマーケットリサーチや視察、提携パートナーや販路先マッチング、オペレーションや現地法人設立の支援等を行う。Webサービス、メーカー、広告代理店といった企業と共に台湾での新規事業立ち上げを行い、事業の継続もサポートする。

〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-4-17 東洋ビル11F
TEL : 03-6860-4207
URL : http://www.asian-bridge.com/index.html

閉じる