hashimoto_big
No.64

橋本 一明さん

明治屋セカンド 店主
イタリアの週末で見たバルの風景を軸に、
自分たちのオリジナルを追求していきたい

明治屋セカンドは、神田・神保町にある立ち飲みのバルです。独特な重厚感のある店内。ビール、スコッチ、焼酎、日本酒、ワイン、スパークリングなど、幅広いお酒が用意されています。
店主の橋本さんは、現在も吾妻橋で営業している酒屋「明治屋」の五代目。昼間は浅草で酒屋の「明治屋」を手伝い、夕方になると神田にやってきてバル「明治屋セカンド」の営業を行います。

橋本さんが「明治屋セカンド」を始めたのは10年前。きっかけは、以前務めていた仕事で年に4、5ヶ月滞在していたイタリアでの体験でした。週末になると街のバルへ飲みに通っていた橋本さん。そこでは、1人で新聞を片手にふらっと入ってきた男性が、ワインとチーズを頼んでさっと帰る風景がありました。橋本さんは、ミラノ、フィレンツェ、ボローニャなど、訪れた街のバルに通っては写真を撮り「こんなバルが日本にもあったらいいな」と考えていたそうです。

お店の名前は、橋本さんが決めかねて迷っていたときに奥さんが一言「明治屋でいいんじゃない?」と言ってくれたそうです。イタリアのバルをそのまま持ってくるのではなく、日本の「和」のイメージも取り入れたお店をつくりたかった橋本さんは、奥さんのアイデアに大変納得しました。

「何かのついでに、1人でふらっと立ち寄れるオリジナルなバルでありたい、そこはこれからもブレないです」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
明治屋セカンド

明治屋セカンド

神田・神保町にある立ち飲みバル。内装は鉄鍛金師のデザインで随所に鉄が使用されている。目の前でスライスされるメイン料理の生ハムの他、豆腐や砂肝を使用した和風のおつまみもある。三味線ライブやジャズライブ、日本酒の会やスパークリングの会などのイベントも行われた。昼間、夕方の貸し切りや場所利用等は要相談。営業時間は17:30〜0:30 日曜日定休。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12 石井ビル 1F
TEL : 03-3239-8086

閉じる