miyagi_small
No.140

宮城 香珠子さん

avocafe + 店長
アボカドと沖縄の食材を美味しく楽しみ、
この街に訪れるみんなに
身体の中から健康になってほしい

「avocafe+(アボカフェプラス)」は、神田・神保町にあり、今年で9年目を迎えるアボカド料理のお店「avocafe(アボカフェ)」の2号店です。まるでどこか旅へ来たかのような開放的な空間は、誰でもゆったりとくつろげる雰囲気です。

店長の宮城さんは、アボカフェを始める前の9年間、この街で出版関係の仕事をしていました。アボカドが大好きだったこと、飲むこと食べることが好きだったこと、自分の空間をつくりたかったことが重なり、神田にavocafe(アボカフェ)をオープンします。オープン当時はアボカドをメインにしたお店はまだ珍しく、新しいことへの挑戦でした。

美容と健康に効果のあるアボカドを使ったメニューは多くの女性に人気で、わざわざ遠方から訪れるお客さんも居るといいます。一方で、お店に入りきれないお客さんも多く出てしまい、avocafe+(アボカフェプラス)のオープンへとつながりました。新規オープンしたavocafe+(アボカフェプラス)はより幅広い年代の人に「アボカド」の魅力を楽しんでもらうためのメニューになっていて、今まで一度もアボカドを食べたことの無かった男性が「アボカドって美味しいね、また来るよ」と言って帰られることもあるそうです。

「夏のアイドルタイムには『なごかふぇ』でも出していた“かき氷”をお出しする予定です。アボカドの甘いシロップが載ったかき氷はもちろん、沖縄のフルーツをふんだんに使ったメニューがあります。身体の中からきれいに、健康にしてくれる美味しいものを食べたいとき、ここに来て元気になっていただきたいです」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
avocafe +(アボカフェプラス)

avocafe +(アボカフェプラス)

沖縄の食材を使った料理が特徴の「なごかふぇ」として営業していた店舗をリニューアルし、4月22日からほとんど宣伝も行わずにavocafe+を新規オープン。若い女性に限らず、訪れやすい空間となっている。店内の壁や天井はギャラリーとして解放されている。営業時間は、平日11:30 ~15:00(LO 14:45)土曜12:00~15:00(LO 14:45)平日、土曜18:00~23:00(LO 22:30)日曜、祝日休み。※営業時間や定休日は変更する場合もあり。twitterや電話で確認を

〒101−0051 千代田区神田神保町1-54-19
TEL : 03-3291-7577
URL : http://ameblo.jp/avocafe/ URL : http://twitter.com/nago_cafe

閉じる