kanda_brazil_big
No.14

竹内 啓さん

自家焙煎珈琲屋 神田伯刺西爾 ぶらじる 店長
神保町で本と珈琲の日々。
好きなものだからこそ、
長くつづけられている。

靖国通りにある古書店街の脇の道を入ると、地下へとつづく階段。
創業昭和48年「神田伯刺西爾(ぶらじる)」こだわりのハンドドリップ珈琲は多くのファンを持ちます。禁煙席と喫煙席で分かれた店内は落ち着いた雰囲気が漂い、打ち合わせのために訪れる編集者や、読書に耽る学生などが思い思いの時間を過ごします。

店長の竹内さんは、学生の頃から珈琲と本、そして神保町が好きでした。当時「ぶらじる」の豆を焙煎していた焙煎所に通っては珈琲豆を買うことを習慣としていたそうです。平成5年から「ぶらじる」で働きはじめ、今ではもう21年が経ちます。

「本が好きなので、書店の多い神保町は昔から好きです。西荻窪や吉祥寺、本郷なども書店が多いのでよく行きます。珈琲屋の知り合いよりも、書店の店主の知り合いの方が多いくらいですね」
好きなものだからこそ、長くつづけられているという竹内さん。今後やってみたいことを教えてもらうと「古本屋で集まって古本市をやっているところに、珈琲の出張をする、なんてことをやってみたいな、と思います」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
自家焙煎珈琲屋 神田伯刺西爾(ぶらじる)

自家焙煎珈琲屋 神田伯刺西爾(ぶらじる)

厳選した高品質な豆を揃えた自家焙煎珈琲の店。囲炉裏のある席や、喫煙席、禁煙席、カウンター席、テーブル席がある。ケーキ各種とのセットも人気。豆はネットやFAXからも購入可能。日曜、祝日も営業(11:00~21:00/日・祝~19:00)

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町17 小宮山ビルB1
TEL : 03-3291-2013
URL : http://brazil.nobody.jp/index.html

閉じる