DSC_0165
No.197

小森桂介さん 中西太志さん

Osteria Lauro(オステリアラウロ) マネージャー、シェフ
変化し続ける神保町で、地域に根ざしたお店を作りたい。

2016年の夏に新しく神保町にできたイタリアンレストランのOsteria Lauro。マネージャーの小森さんと、シェフの中西さんは約17年間、兄弟弟子として同じイタリアンレストランで働いていました。
小森さんは料理人としてお店を支えたのち、独立をめざし、フードビジネスの会社へ転職。チェーン店の本部で店舗開発や経営に携わっていました。中西さんはコック一筋で、料理人として腕を磨いてきました。

小森「いつか独立して、一緒にやるなら中西シェフだと考えていました。2年ほど前から一緒に、少しずつ少しずつ案を練っていったんです。」
中西「勤めていたお店がちょうど軌道に乗って一段落つき、独立するのにいいタイミングで声を掛けてもらいました」

メニューだけでなく、ローリエの葉という意味の“ラウロ”という店名にちなんで作られた緑のランプなどの内装も二人で考えています。
小森「かわいらしい内装ですが、男性にも気軽に来ていただきたいですね」
中西「一本の芯を持ちながらも、神保町の街のようにいろんな顔がみせられるお店をつくっていきたいです。」

古本の街として昔から知られながらも、再開発が進むなど新しくなっていく神保町で地域に根ざしたお店作りをしていきたい、と二人は語ります。
小森「神保町は、古本屋として長く愛されている街であるけれど、つねに変化していて成熟仕切っていない感じがあるんです。これからも変わり続ける、変化が楽しみな街です。」
中西「まずは基盤をしっかり、地道に。そして、“あそこに行けば安心できる“と言ってもらえるような、神保町の地域に根付いたお店にしたいです。」

ライター:EDITORYインターン 中家穂乃実
(青山学院大学4年 国際政治学科)

DATA
Osteria Lauro(オステリアラウロ)

Osteria Lauro(オステリアラウロ)

2016年7月11日に開店した神保町のイタリア料理店。イタリアの現地で修行を積んだシェフが作り出すメニューが楽しめる。中でもランチメニューは定期的に新しくなり、平日でも多くの人で賑わう。神保町では珍しく、生パスタを食べることもできる。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-35-16
TEL :  03-3292-9483
URL : https://www.facebook.com/Osteria.Lauro/

閉じる