DSC08374
No.221

小川 ミーナさん

ハイテクスポーツ塾トレーナー
市民ランナーのための『ハイテクスポーツ塾』を通じて、マラソン愛好家を増やしたい

白山通りを歩いていると、突如現れるガラス張りのランニング施設。ここは、ランニング専門のトレーニングが受けられる『ハイテクスポーツ塾』です。
トレーナーによるマンツーマン指導を受けながら、全国でも数少ない最新の設備を使い、トップレベルのトレーニングができます。
会員は、ランニングフォームを矯正しタイムを縮めたいという人だけでなく、運動会で1位を取りたい小学生、健康のために通うお年寄りや、ダイエット目的の人も。

指導を担当するトレーナーの小川さんは、幼い頃から走ることが大好きで、中学・高校では陸上部に所属し、走ることに打ち込む青春を過ごしたそうです。
「高校時代は、全国高校駅伝の東京代表として三年間出場しました。強豪校でしたが、選手の将来を見据えて無理をさせない指導をしてくれたので、楽しくのびのびと走っていました。そのおかげで、練習がきつくてマラソンを嫌いになるようなことは全くなかったですね。」

高校卒業後は、日立製作所の実業団へ。22歳で初めてフルマラソンの大会に出場し、順風満帆の選手生活を送っていましたが、ある日、大きな壁にぶち当たってしまいます。
「走り方が分からなくなってしまったんです。マラソン選手によくある事なのですが、力が抜けてしまって、克服できずに引退してしまう人も多くいます。」

監督の勧めもあり、一旦陸上を離れることに。1年間は、喫茶店で働いたり、資格の勉強をしたり、今までとは全く違う日々を過ごしました。
「監督からは、いつでも戻ってこいと言ってもらいましたが、結局戻ることはありませんでした。そんな時、高校の恩師から就職先として紹介を受けたのが、『ハイテクスポーツ塾』を運営している株式会社アチーブメントでした。一度は離れた“走ること”を、仕事に活かせるのは嬉しかったですね。」

入社後、走ることを再開し、ホノルルマラソンで5位に入賞したことも。
「私自身が市民ランナーとして走ることで、会員さんと同じ目線で話せるのが嬉しいです。仕事で疲れてる時は走るのしんどいよね、とかちょっとした悩みやグチも共有できるんです。それと、スランプ気味の会員さんには、しばらくお休みしてのんびりしましょう、とアドバイスしています。かつて私自身が陸上を離れた時に、あらためて走ることの楽しさ・新鮮さを感じたので、会員さんにも無理せずマラソンを楽しんで欲しいと思っています。」

今後の目標は?
「ランニングをやったことのない人も、気軽に無料体験に来てもらいたいです。『ハイテクスポーツ塾』に来たことがきっかけで、走ることを好きになってくれたら嬉しいですね。“皇居ラン”が身近にある、この神田という場所を活かしながら、マラソン人口を増やしていきたいです。」

ライター:EDITORYスタッフ 久保 彩

DATA
ハイテクスポーツ塾

ハイテクスポーツ塾

ランニングを専門としたスポーツジム。ランニングフォーム矯正のためのマシンや標高2000m級の高地と同じ酸素濃度トレーニングが可能な低酸素トレーニングルーム、最新の半重力トレッドミルなどを完備。初心者からトップクラスのランナーまで、レベルに関わらず利用できる。無料体験・ビジター利用もあり。また、皇居ランや練習会、ランニングイベントなどを行う「アスリートQランニングクラブ」も運営している。 [営業時間] 平日 11時~22時半/土 10時~20時/日曜・祝日10時~17時

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 1-58
TEL : 03-5281-3315
URL : http://www.hi-sports.com/gym/index.html URL : http://www.hi-sports.com/runningclub/index.html

閉じる