nomura_big
No.139

野村 尚史さん

TETES MANIS店主
インドネシアで古くから伝わるものを
日本に伝える。
都心のオフィスワーカーに
もっと元気になってもらいたい

2014年3月にオープンした「TETE MANIS(テテマニス)」は、インドネシアで約11世紀ごろから伝わる薬草のジュースを、現地のレシピのまま提供しているお店です。いくつかの質問に答えると、その時の体調にあった飲み物を提供していただけます。
そのレシピはインドネシアのソロという街にある王宮周辺で伝わり、現在も残るものです。

「思いがけないきっかけでソロ出身の日本に住まれているインドネシアのお客さんに来店していただきました。その方が目をつぶって感慨に耽りながら、懐かしいと仰ってくださった時は、現地のレシピそのままで提供していてよかった、と思いました」

もともと植物の研究者だった野村さんは、調査でインドネシアに滞在していました。
「インドネシアの薬草学は、積み重ねられた知識として高級なものだと思います」
現地での経験を通じ、インドネシアで廃れつつある文化を日本で残していきたいと思ったそうです。

「ごちゃごちゃしているようで、面白いおしゃれなお店が増えている神田で、お店を始めると決めました」

インドネシアでも、薬草のジュースはスタンド式が基本で、日本で始めるならスタンド式でやりたいということで、この神田の街を選ばれたそうです。

「インドネシアの文化を通して、日本でオフィスワークをする女性に元気になって欲しいです」

ライター:EDITORYインターン 中家穂乃実
(青山学院大学4年 国際政治学科)

DATA
TETE MANIS(テテマニス)

TETE MANIS(テテマニス)

インドネシアのソロという地域で、受け継がれるレシピをそのまま神田で提供する薬草ジューススタンド。体質チェックシートで自分の体質をチェックしてから、自分に合うドリンクを選ぶ事ができる。主に口コミで20代から50代の女性が健康維持の目的で訪れる。営業時間は11:00〜18:30(平日のみ)。

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-10-11 コハラビル1F

閉じる