yebis_big
No.119

堀川 範人さん

焼肉ゑびす本塵 店主/焼肉王子
親子3代で大事にしてきた焼肉屋。
神田から全国の食材の素晴らしさを
伝えていきたい

神田駅徒歩3分にある焼肉ゑびす本塵は、創業して今年で85年。和食の味を活かした神田下町スタイルの焼肉屋さんです。店主の堀川さんは3代目。1代目のおじいさんが、商人になると決意し、どうせやるなら東京のど真ん中でということで、広島から上京しここ神田にオープン。それを受け継いだ2代目のお父さんは、このエリアを盛り上げる活動をしました。

次男である堀川さんは高校卒業後、和食の道に入り、パークハイアット東京で13年ほど修行。「大変だから戻ってきて」という家族からの呼びかけをうけ、当時経営難だったこのお店で働きはじめました。当初は焼肉屋の右も左もわからなかった堀川さん。試行錯誤のうえ、和食の技術を活かした日本人が考える焼き肉スタイルを考えました。

堀川さんは焼肉王子という名も持っています。これは「板前は黒子。お客様は神様だから、喋らず、目も向けず、料理でものを喋れ」いうお父さんの言葉から、ひたすら料理を作るのに徹していた和食の板前時代、気づくと人と話すことが苦手になっていました。ですが、ゑびすでは接客もしなくてはならず、自分を奮い立たせるために自ら「焼肉王子」を名乗ることにしました。焼肉王子になって10年、今ではその名で呼んでくれる人も多いそうです。

牛の細切れ肉、キャベツ、スパゲッティの載った“ゑびすの鉄板焼き”は、一時メニューから消えていましたが、堀川さんが復活させると、昔食べていた人が「このゑびすの鉄板焼きに育てられた」と懐かしがって戻ってきたそうです。
お店に出している食材はすべて堀川さんが直接、産地にいって選んだもの。その時に産地の活き活きした状況と、販路のない苦しい状況を見てきたといいます。

「こんな素晴らしい食材があるということを、日本の中心地である神田で、叫んで、全国を元気にする活動につなげていきたいです。」

ライター:千絵ノムラ

DATA
焼肉ゑびす本塵

焼肉ゑびす本塵

神田駅より徒歩3分にある創業85年の焼肉屋。本物の黒毛和牛が売りで、他の食材も店長が産地を歩いて選んだもの。コース料理も充実。営業時間はランチ11:30~14:00、ディナー17:00~23:30(L.O.22:30)。定休日は、日曜日・祝日。

〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-5-1
TEL : 050-5799-0496
URL : http://www.yakinikuebisu.com

閉じる