iwakurac_big
No.67

岩倉 壘さん

山の上ホテル ベル
この街はアナログを手に入れられる場所。
ベルという仕事を通して、
ホテルと街とをつなげたい。

戦前、九州の炭坑王によって建てられたという山の上ホテルの建物。戦後はアメリカ軍の婦人宿舎として使用され、彼女たちに「hilltop(ヒルトップ)」の愛称で親しまれていたそうです。創業者である吉田俊男氏によって受け継がれ、「山の上ホテル」と名づけられました。今年で創業61年目を迎えます。

ここ、山の上ホテルのベルとして働き始めてから7年目となる岩倉さん。同じ地域にある日本大学に通っていた学生時代、街歩きの最中に通りすぎていた、山の上ホテルの建物の雰囲気にずっと惹かれていたそうです。
ベルの仕事は玄関でお客様を出迎えることからはじまり、ドアサービス、場合によってはチェックインからお部屋の案内まで多岐に渡ります。7年間このベルの仕事をつづけている岩倉さんは、宴会部やフロントの仕事をしてみたいと思ったこともあったそうですが、今の気持ちは違うようです。

「はじめてお会いするお客様のことはもちろん何もわかりませんが、だんだんとわかってくることがあります。その人とのふれあいが好きです。私はおっちょこちょいなところもあるので、人が思うことを先に気付こうと動いてしまうことが、時には逆効果になって怒られてしまうこともあります。もう少しベルの仕事をつづけさせていただいて、もっとこの仕事のことを理解したいと思います」

音楽や本、そしてこの街が好きだという岩倉さん。何かを突き詰める人が訪れ、“アナログ”を手に入れられる場所は、大げさかもしれないけれど世界中でここだけなのでは、と話してくれました。

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
山の上ホテル

山の上ホテル

1954年創業。多くの作家や文化人に親しまれてきたことでも有名な老舗ホテル。庭付きの部屋や、和風の部屋、オーディオの充実したモーツァルトの部屋と呼ばれる部屋等、個性的な客室が用意されている。5つのレストラン、また2つのバーは平日、ラストオーダーは午前1時半までと長く、地元の会社員や住民も数多く訪れる。各種問い合わせは公式webサイトにある問い合わせフォームより可能。

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL : 03-3293-2311(代表)
URL : http://www.yamanoue-hotel.co.jp

閉じる