DSCviridian3
No.203

長坂さやかさん 部田淳子さん

花屋 Viridian スタッフ
庶民的で人情味溢れる神保町に溶け込む、
女性だけで営む“あたたかい”お花屋さん

神田神保町の路地を入ったところにある、カラフルなお花がたくさん並ぶ花屋Viridian(ビリジアン)。
近隣にお住まいの方々の身近な存在である一方で、東京ドームやエンターテイメントの街・秋葉原にほど近いため、イベントや楽屋花といった様々な場面に欠かせないお店。

スタッフとして約8年間働いている長坂さんは、幼稚園の頃からお花屋さんになるのが夢だったそうです。高校卒業後は、迷わずフラワーアレジメントの専門学校へ進みました。いくつかのお花屋さんで経験を積んだ後に、偶然見つけたViridianの求人募集記事。お店の写真があまりにも素敵で、一目で気に入り、すぐに応募したと言います。

そして部田さんは大学卒業後、会社員をしながら、フラワースクールでフラワーアレンジメントを学んでいました。いつしかお花に携わる仕事がしたい、と思う様になったものの、未経験だった為なかなか仕事が見つからなかったそうです。そんな時、通っていたフラワースクールの講師に抜擢され、10年ほど講師として経験を積むことに。その後、同じスクールの同級生だったViridianのオーナーに誘われたことがきっかけで、現在Viridianで約4年働いています。

部田さん「ここは、自由で、働きやすい環境でとっても居心地がいい。自由にアレンジメントを作れたり、新しいデザインにチャレンジしたり、提案しやすかったり、オーナーがいろいろ任せてくれるので、楽しみながら働いています。」
この部田さんの言葉は、お店の雰囲気にも表れていて、Viridianには居心地のいい穏やか空気感が満ちています。

長坂さん「近所にお住まいの方がよく来られたり、周辺の会社の方が歓送迎用のお花をお求めになることも多いですね。土地柄なのか、土曜日になると東京ドームや秋葉原のイベント関連のお客さんがいらっしゃいます。色々なお客さんが来てくれるのは、この街ならではの面白さですね。」

この街の魅力は?
部田さん「学校が水道橋だったので、総武線沿いの街には馴染みがあったのですが、神保町は訪れたことがなかったんです。でも、毎日通うようになったら、面白いお店がいっぱいあってビックリしました。今は路地裏に入ってお店を探すのが楽しい。美味しいお店に食事しに行ったり、Viridianに来てくれるお客さんと話してみて、親しみやすい街だなと感じました。お洒落すぎないところもいいですよね。」
長坂さん「庶民的で人情味溢れるこの街の雰囲気が、とっても落ち着きます。古民家を改装した素敵なお店があったりして、街を見てるだけでも楽しい。ちなみに、よく行くお店は“どまん中”という居酒屋さん。仕事終わりにみんなで飲みにいくんです。安くて美味しくてオススメですよ。」

これからやってみたいことは?
部田さん「これからは、仕事以外の新しい趣味に挑戦したいです。OL時代はテニスをやっていたのですが、いまはボルダリングに興味があります。ぜひ神田界隈のスタジオでやってみたいです。
それと、まだ街に馴染み切れていないので、仕事帰りに色々なお店に寄ってみたり、散策したいですね。」
長坂さん「私はいま、友達に誘われているバドミントンを始めようかなと。昔やっていたから久しぶりに再開しようと思っています。その後に、飲みにいくのも楽しみで(笑)」

そして、今後お二人が期待することとして口を揃えていたのが「美味しいケーキ屋さんが近所に出来る」こと。
長坂さん「お花とケーキを一緒に手土産にしたい、というお客様からのご要望が多いんです。そんな時、近くに美味しいケーキ屋さんがあったらとってもいいのにな、と。神保町で誰かやってくれないかな。自分たちが食べたいっていうのもあるんですけど(笑)」
いつか、Viridianのお花とケーキを手に、神保町の街を歩く人を見掛ける日が来るかもしれないですね。

ライター:EDITORY アルバイト伊藤 伽奈(拓殖大学 国際ビジネス学科 四年)

DATA
花屋 Viridian(ビリジアン)

花屋 Viridian(ビリジアン)

神保町の路地を入ったところにある小さな花屋。花束やアレンジメント、ブリザーブドフラワーなどのギフトフラワーを販売・配達している。オンラインショッピングの利用も可能。女性3名の暖かな雰囲気のお店。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-48 3510BLD
TEL :  03-3239-2212
URL :  http://www.viridian.co.jp/

閉じる