yamazaki_big
No.12

山崎 誠一さん

バスケットボールクラブDUNK 代表兼コーチ
千代田区を“生涯スポーツ”を楽しめる街に。
一人でも多くの人がバスケットボールを
できる場所をつくりたい

山崎さんが仲間と共に運営する「バスケットボールクラブDUNK」は、「都内でバスケットボールを楽しむ人を一人でも増やしたい」という思いから2014年に立ち上げられました。千代田区の体育館等を中心に、都内で社会人向けのバスケットボールスクール運営や大会を開催。DUNKの公式サイトでは国内外のバスケットボールの最新情報を発信しています。

大学までは自身もプレーヤーとして活躍していた山崎さん。卒業後はbjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)傘下のチームでスクールコーチをつとめ、コーチング歴は10年以上になります。「魅力の多い神田エリアですが、スポーツができる場所はまだ少ないと思っています。バスケットボールを生涯楽しむことができる環境をこのエリアにもっと増やしたいです」

山崎さんはバスケットボールに限らないイベントも開催しています。
「サッカーや野球のパブリックビューイングも行っています。この街を“スポーツの街”としてもっと多くの人に認識してもらいたいです」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
バスケットボールクラブDUNK

バスケットボールクラブDUNK

千代田区内を中心に、バスケットボールスクールと試合の運営を行う。野球やサッカーのパブリックビューイングなど、バスケットボール以外のスポーツに関するイベントも開催。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル4F
URL : http://dunk.tokyo

閉じる