takizawa_big
No.82

滝沢 聖子さん

The Adirondack Café
大好きな音楽の街でお店をできて幸せ。
今後は、若く意欲的なミュージシャンに
チャンスを与えられる場にしたい

神田・神保町にある「The Adirondack Café」は、同名の名盤ショップを営んでいた滝沢夫婦が7年前にオープンしたカフェです。
夫の理さんとともに、お店を切り盛りする滝沢聖子さんは、ニューヨークで廃盤レコードのオークション業をやっていたそうですが、20年前に日本に戻り、専修大学近くに「The Adirondack」というレコード店を開きます。お店の場所を決める時に、理さんが学生時代から大好きだった神保町を選んだそうです。その後、レコード離れが進んだために、一度お店を閉め、カフェという形で再び神保町にオープンしました。

カフェは、JAZZ一本でやってきたふたりが考えた「数少ないできること」。夫婦揃ってJAZZが大好きで、夜のバータイムでは、「JAZZ好きのお客様たちと楽しいひと時を過ごしている」といいます。そこでは、昔ジャズ喫茶に通った人やレコードのコレクターが訪れ、JAZZ談義が行われます。ランチタイムは、アメリカ・ニューヨークで食べたもの出したいという思いから、本格的なハンバーガーを食べられます。外国人のお客様からは「自分の国のハンバーガーより美味しいっていって頂けるのがうれしい」とも。

「音楽の街でもある、このエリアでお店をやれたのはとてもよかった」と話す滝沢さん。開店当初にお客様からの提案ではじまったライブは、今ではミュージシャンから直接ライブをやらせてほしい、と問い合わせがあるそうです。ライブは必ず出演者の音楽を聴いて、自分たちが気に入った人のものしか流さないのだとか。
「今後は、ライブで日本人の若く意欲的なミュージシャンにチャンスを与えられる場にしたいです」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
The Adirondack Café

The Adirondack Café

神保町にある、JAZZ喫茶・バー。ランチタイムには一番人気のハンバーガーのほか、ロコモコやタコライスも楽しめる。コーヒーはマスターが厳選した京都の小川珈琲のものを使用。最初の1杯目は600円、おかわりは100円で飲める。毎週火曜日はライブも開催。営業時間は、11:30~23:00(L.O.22:30) ※休憩 17:00~18:00、定休日は日曜・祝日。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル4F
TEL : 03-5577-6811
URL : http://www.sango.sakura.ne.jp/~akira_n/cafe/adirondack.html

閉じる