kinoshita_big
No.22

木下 慎さん

CLASSICUS 店主
しっくりと馴染んだ
“レコード屋”という生き方。
これからも淡々とつづけていく

子どもの頃から、親が収集し聴いていたクラシック音楽のレコードに親しんできた木下さん。ピアノを習ったり、クラシック以外の音楽を聴いてみたり、CDで聴くこともありましたが、木下さんにとって1番しっくりきた音楽との関係はクラシックのレコード盤でした。

CLASSICUSは主にクラッシックのLPレコードやクラシック音楽に関する古書などを取り扱います。レコードは、50年代から60年代初期にプレスされたもの、および器楽曲を含めた室内楽曲と歌曲のレコードを中心に品揃えしているそうです。
11年前に神田・神保町で自分のお店を始めた木下さん。ここは父親の勤め先があったり、以前働いていたレコード屋が近かったり、個人的に何かと縁のある街だといいます。古書店や喫茶店のある街並にレコード屋があるというのも「馴染んでいる」と思い、決めたそうです。
「今後も、淡々と自分のお店をつづけていくだけです。けれども、無くなってしまった古い建物やお店のあった場所を見るとき、この街の持つ魅力がなくならないでほしいと思っています」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
CLASSICUS

CLASSICUS

50年代、60年代を中心に、クラシック音楽のLPレコードなどを取り扱う。また、クラシック音楽に関連した古書も輸入品、国内品共に取り扱う。ウェブサイトでは商品のカタログが随時更新される。営業時間は火曜〜土曜(13:00~20:00)日曜、祝日は休業。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-64 神保町ビル1F
TEL : 03-3294-6077
URL : http://www.classicus.jp/aboutus.html

閉じる