menj
No.206

校條 真さん

株式会社風讚社「ナビブラ神保町」編集長
世界一の古書店街「神保町」とヒトを、本とWEBで繋いでいく

株式会社風讚社は、妊娠・出産・育児ジャンルNo.1雑誌の『たまごクラブ』『ひよこクラブ』を、企画・編集から校閲・校了まで、一貫して制作している編集制作会社。社員の8割近くが女性だそうで、校條さんは、単行本・ムック・PR誌の企画編集のほかに、神保町の公式タウンサイト「ナビブラ神保町」の編集長をされています。

岐阜県郡上市から大学への進学をきっかけに上京。山登りに夢中になっていた学生時代は、錦華公園裏の「櫓(やぐら)」という居酒屋で接客や調理のアルバイトをしていたそうです。三代にも四代にも渡る古い歴史と伝統を受け継いだお店が集まり、厚い義理人情が残るこの街の魅力に惹かれ「神保町界隈で仕事がしたい!」と、30年以上経た今でもここで仕事を続けている校條さん。時代とともにお店が入れ替わっても、学生時代から馴染みのある居酒屋や喫茶店などに足を運んでいるといいます。

そんな一途で熱い〝神保町マスター〟である校條さんは、2003年に神保町初の公式タウンサイトとして当時のスタッフが立ち上げたWEBサイト「ナビブラ神保町」を引き継ぎました。このサイトでは、グルメ・書店・エンタメ・公共施設など多岐にわたって神保町界隈の魅力的なヒト・モノ・コトを紹介しています。その後、縁があって、「ナビブラ神保町」と神田古書店連盟がタッグを組んでまとめた『神保町公式ガイド』を創刊し、〝世界一の本の街〟をあらゆる角度から紹介しています。そして記念すべき創刊号は第18回東京国際ブックフェアで実施された「日本編集制作大賞」でグランプリを受賞。現在も、毎年秋に開催されている東京名物・神田古本まつりにムック本としてVol.7までが出版され、神田エリアの人々や全国の古書マニアを中心に広く読まれています。ちなみに、現在「芥川賞受賞作家、読書芸人」として話題のピース又吉さんは、神保町古書店の常連で『神保町公式ガイドVol.2』では表紙も飾っています。

一方で、昔に比べて古書店に学生などの若い世代が足を運ばなくなったと校條さんは言います。「ちょっと足を延ばせば楽器店街、スポーツ店街があり、また神田カレーグランプリなどの楽しいイベントがあることはもちろん、何と言っても世界に類を見ない古書店街である神保町には、若者の知的好奇心をくすぐる魅力が十分ありますよ!」と熱い眼差しで語って下さいました。30年以上「神保町」と正面から向き合い、愛し続けている校條さんだからこそ発せられる、重みがある言葉でした。

神保町の方々と協力しながら、出版・Web発信・イベント企画など、精力的な取り組みを続けている校條さん。今後は、「神保町を知ってもらうイベントをもっと多く開催したい。会場はEDITORYにしましょうか(笑)。」と熱く意気込みを語ってくださいました。取材場所の老舗喫茶「さぼうる」は校條さんが学生時代から馴染みのお店。マスターと笑顔で会話を交わしている校條さんの姿が、地域を愛し地域から愛されている稀有な存在であることを物語っていました。

ライター:EDITORY アルバイト伊藤 伽奈(拓殖大学 国際ビジネス学科 四年)

DATA
株式会社風讚社

株式会社風讚社

業界最大級の編集制作会社であり、妊娠・出産・育児ジャンルNo.1雑誌の『たまごクラブ』『ひよこクラブ』をはじめ、PR誌を含めた各種紙媒体の企画・編集から広告タイアップなどのWEB媒体まで、一貫して制作している。

〒101−0051 東京都千代田区神田神保町2-44 第二石坂ビル3.4F
TEL : 03-3221-4850(企画編集部)
URL : http://www.fusansha.com URL : http://www.navi-bura.com/jimbocho/

閉じる