tomita_big
No.103

冨田 信太郎さん

柚子堂 代表
街の雰囲気に憧れてやってきた神保町。
この町で“コレクターのデパート”をつくりたい

神保町駅から近く、靖国通りから少し入ったビルの8Fにある、使用済切手の買取専門店・柚子堂。店内に所狭しと並ぶ切手の量に思わず圧倒されます。

もともと切手のコレクターだったという冨田さん。以前の仕事が一区切りついた時に、「もっと年をとってからやろうと思っていた」お店を「計画を前倒し」してはじめることにしました。

自宅の一角からはじまったお店は「人も増え、コレクションも増え」るうちにスペースが足りなくなり、2年前の2013年に神保町に。

この町にお店を開いた理由は「街の雰囲気に憧れて」。古物を扱う商売として、古書店街の空気や、学生や社会人など多種多様な人が集うところに惹かれたそうです。

切手を中心にコレクター商品全般を取り扱う柚子堂。特に多く扱う使用済み切手は、消印によって同じものがないのが最大の魅力。コレクターの方々が日本全国からやってくるそうです。
世界的に切手ブームが下り坂になる中で、切手屋自身が頑張ってコレクターの方々に楽しんでもらえる場所をつくりたいという思いがある冨田さん。敢えて“値段がいい加減”で“整理されていない”気さくな感じにすることで「入りにくい」切手屋のイメージを払拭したいと話します。

「今後は、お店の規模をもう少し大きくしたいなと思っています。中野のブロードウェイのように、この街に切手屋、コイン屋、カード屋などコレクターのお店が集積する“コレクターのデパート”をつくりたいなと考えています」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
柚子堂

柚子堂

2013年5月にオープンした使用済切手の買取専門店。取り扱う商品の9割は切手でその他幅広いコレクション商品を取り扱う。全国地方発送も可能。店名の由来は「used(=ユーズド)」から。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-4 神保町1-4ビル 8F
TEL : 03-3518-9401
URL : http://yuzudo.store-web.net/index.html

閉じる