DSC08341
No.220

川村 祥子さん

株式会社マカロンドール「ル・プチ・クール」代表取締役
神田の街の手土産に「マカロン」を

神田錦町の路地裏に、白い小窓と赤いハートの看板が目印の、なんとも可愛らしいお店があります。2017年9月に恵比寿から移転してきたマカロン専門店「ル・プチ・クール」です。小窓を覗くと、弾ける笑顔で川村さんがマカロンを焼いていました。

「三年前に、恵比寿でカフェ併設のマカロン専門店『ル・プチ・クール』をオープンしました。ほぼ一人で切り盛りしていたので、大口の注文が入るとカフェを臨時休業していたんです。もっと作ることに集中したいと思い、恵比寿のお店は閉めて、錦町に工房を構えることにしました。」

今は、恵比寿にあるバーの一角にショーケースを設け、工房で作ったマカロンを販売しています。バーテンダーに代理販売をお願いし、川村さんは錦町の工房で作ることに専念。しかし工房をオープンしてみると、意外と人通りが多いことに気づき、工房での直売も始めたそうです。

「このあたりは飲食店は山ほどあるのに、お菓子屋さんが少ないですよね。神田には手土産を買う場所がなくて困るという声をよく耳にするので、マカロンを手土産にしてくれる人が増えたらいいなと。みんなが喜んでくれるようなギフトボックスを、充実させていきたいです。」

北海道出身の川村さんは、小麦粉で有名な江別市で幼少期を過ごしました。
「小学校低学年の誕生日プレゼントに、クッキーの本をおねだりしたんです。道具もないしお菓子を作ったこともなかったので、毎日ひたすら本を読んで、ついには暗記しちゃった(笑)そしてある日、母の外出中に一人でクッキーを作ってみたら上手に焼けたんです。クッキングペーパーの代わりにコピー用紙を、型はコップのふちを利用して。帰宅した母がとっても驚いていました。」

それを機に、お菓子作りにのめり込んでいった川村さんは、当然のように料理の道を歩んでいくことに。カフェやサンドイッチ屋さん、イタリアンレストランなど、あらゆるお店で調理とサービスの経験を積みました。料理教室の講師時代には、川村さんオリジナルのマカロンレッスンが人気を集め、全国から生徒が通ってきたことも。

「今振り返ると、次から次へと新しい出会いや仕事が舞い込んできて、3ヶ月先のことすら読めない人生を送ってきたように思います。とにかく目まぐるしかった。まさか自分のお店を持つとも思っていませんでしたし。でも、たくさんのご縁でこうして好きなお菓子づくりを生業にできているのは幸せだな、と感じています。」

以前、住まいや職場が近かったことから、神田界隈には馴染みがあるそう。
「せっかくこの地域に工房を構えたので、神田マカロンを作りたいと考えているんです。錦町、神保町、淡路町といった町ごとのシンボルマークをマカロンにプリントして、神田銘菓にしたいなって。できれば地域の方たちと協力して、神田の食材を使ったマカロンも作ってみたいです。」

ライター:EDITORYスタッフ 久保 彩

DATA
ル・プチ・クール

ル・プチ・クール

le petit coeur (ル・プチ・クール)とは小さなハート。ころんと可愛い、一口サイズのカラフルなマカロンを、工房で直売している。菓子職人の技量に料理のエッセンスを加えた多彩なアレンジが特徴。野菜、あんこ、醤油などを使ったオリジナルレシピのマカロンは、他では味わえない逸品。  [営業時間] 平日 8時~9時、11時半~14時、17時半~19時半/土 11時~14時/日曜・祝日 定休日

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-4-6 1F
TEL : 03-6451-0230
URL : http://www.macaron-dor.com URL : https://www.facebook.com/le.petit.coeur.macaron

閉じる