miyagawa_big
No.104

宮川 泰久さん

スマトラカレー共栄堂 店主
この街に支えられて、今がある。
街のことを考え、“共に栄える”志を
次の世代に引き継いでいきたい

大正13年に創業し、91年が経とうとしている共栄堂は、黒濃色になるまで野菜やスパイスを煮込んだスマトラカレーが人気な名店です。その味は変わることなく受け継がれています。三代目の宮川さんは、ここで店主を務め25、6年が経つそうです。

18歳くらいの歳で横浜から東京へ上京した宮川さん。料理店でコックの経験を積み、奥さんと出会い、共栄堂へ婿入りして店主の跡を継ぐこととなりました。当時の神田・神保町には、カレーをメインとするお店はまだ3、4軒程度だったといいます。

「近くには、ミロンガやぶらじる、ラドリオやさぼうるなどの尊敬すべき名店があり、何より本の街です。もともと街が持っているその魅力のおかげで、私たちはこの店でカレーをつくり続けてくることができました」
街の人みんなで“共に育つ”という意味を持っている「共栄堂」という店名の通り、街のことをいつも考えているという宮川さん。これからのこの街について期待していることがあるといいます。

「新しい企画やアイデアを持った若い会社が入ってこられるような街になってほしいですね。どんな街も人が居なければはじまりません。古いものをもっと活用して、新しい街を生き生きとつくっていって欲しいです」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
スマトラカレー共栄堂

スマトラカレー共栄堂

大正13年、創業。広く東南アジアで知見を広めた伊藤友次郎氏より教わったスマトラカレーが、長年その味を変えることなく親しまれている。辛いものが食べられない人のために考案されたハヤシライスもメニューに加えられている。テレビや雑誌などの各種メディアでも紹介。営業時間は、11:00〜20:00(L.O 19:30)。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-6
TEL : 03-3291-1475
URL : http://www.kyoueidoo.com

閉じる