waka12
No.200

若林 拓哉さん

建築家
神田の“ハブ”となるシティミュージアムを作りたい

フリーランスの建築家として活動しながら、今春よりつばめ舎建築設計に席を置いている若林さん。つばめ舎では、住宅設計、店舗の内装、公園のデザインなど、幅広く手掛けています。

「クライアントの希望通りのモノを作って終わり、ではなく既存の領域を超えたモノを作っていきたいんです。つばめ舎は単なる建築に留まらず、建築を通した思想的な部分があって、共感するところが多い。僕の考えていることを一緒に実現してくれるつばめ舎に出会えて、自分は運がいいとつくづく感じました。」

建築に対する熱意を語ってくれました。
「ヨーロッパの様に、日本でも建築家が認められる社会にしたいんです。例えば、スペインのサグラダファミリアはガウディが設計した、という事は世界中の誰もが知っています。でも、日本においては、日本を代表する建築家が誰で、どんな建築物を作ったのか、ほとんど知られていない。日本でも建築家が認められれば、建築家を志す若い人達が、希望をもって建築に向き合えると思うのです。
そのためには、だれもが建築に触れる機会をもっと増やすべきだと考えています。より多くの人たちに建築を知ってもらう為に、建築×アートや建築×音楽といった、まったく違う分野との関わりを積極的に持っていこうと思っています。」

神田の街で実現したいことは?
「海外にはシティミュージアムという街の博物館があるのですが、その日本版をぜひ神田にも作りたいです。神田の歴史を見せてもいいし、集まって何か面白いことをやってもいい。そこに決まりはありません。
様々なジャンルの人が集まり、そこから何かが生まれる。なんだか面白そうだぞ、とさらに多くの人が集まってくる。そのうち、地域の外からも神田がなんだか面白い、と遊びにくる。そんな風に神田の“ハブ”となるシティミュージアムを作りたいと、つばめ舎のお二人と常々話しています。」

ライター:EDITORY コミュニティーマネージャー 久保 彩

DATA
つばめ舎建築設計

つばめ舎建築設計

永井雅子・根岸龍介共同主宰による建築プロジェクトチーム、住宅・店舗・事務所設計、セルフリノベーションスクールの運営等、大人が本気で遊ぶ建築関連プロジェクトの企画運営。

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-16-4 2F
TEL : 03-6276-3708
URL : http://www.tsubamesya.com/

閉じる