kore
No.172

中村 哲也さん

炭火焙煎珈琲ピアノフォルテ マスター
学生時代に憧れていたこの街に、やっと今、たどりつきました。

炭火焙煎珈琲ピアノフォルテは、挽きたてのコーヒーをクラッシックやジャズの名曲とともに楽しめる喫茶店です。コーヒー豆は、何十年も様々なコーヒーを飲んできたマスターの中村さんが妥協せず選び、わざわざ神戸から取り寄せたコーヒーです。

「学生時代に通っていた学校が神田にありました。18歳の頃、友人と名曲喫茶でコーヒーを片手に語りあっていた時から、漠然と喫茶店もできたらいいなと思っていました。やるならこの街でやりたかった。」

28歳で子供が生まれた時に意を決し、西永福で喫茶店を始めました。最初のお店の西永福から、赤坂、奥沢、新宿と、様々な場所で喫茶店を切り盛りして、赤坂のお店の頃に始めた「アイリッシュコーヒー」は、世界を飛び回るチェコのビジネスマンに世界で一番美味しいと言われた一杯。ブラウンシュガーに中村さんが入れる挽きたてのコーヒーとウィスキーを注ぎ、最後に生クリームを乗せます。最初の一口から最後の一滴まで味の変化が楽しめる一品です。

「喫茶店を始めて30年。人生波乱万丈で、今やっと、学生時代に憧れていたこの街にたどりつきました。ここでお店をはじめてから、何度もこの街の人たちからアドバイスをいただいています。お店は一人で切り盛りしていても、この街の人にたくさん支えられています。」

ピアノフォルテではクラッシックやジャズなどの音楽を聴くだけでなく、映像を観ることもできます。ジャズは中村さんおすすめのレコードプレーヤーで聴き、クラッシックはスピーカーからの高音質とともに最新映像を楽しむ。そんな新しい名曲喫茶です。

「今は名曲喫茶だけでは難しい時代です。ですが、音楽の本質は変わっていません。提供の仕方が変わっているだけです。時代に合わせ、次世代の名曲喫茶を目指していきたいです。」

ライター:EDITORYインターン 中家穂乃実
(青山学院大学4年 国際政治学科)

DATA
炭火焙煎珈琲ピアノフォルテ

炭火焙煎珈琲ピアノフォルテ

1979年から西永福で喫茶店を始めたマスターが一人で切り盛りする。神戸にある萩原珈琲から取り寄せたコーヒー豆を使用。注文が入ってから丁寧にコーヒー豆を挽く。スピーカーから流れるクラッシックや、ジャズを聴きながらコーヒーを楽しめる。マスターのおすすめは、アイリッシュ・ウィスキーをベースにしたアイリッシュコーヒー。営業時間:11:00~21:00(月~金)、12:00~20:00(土,祝)、定休日:日曜日

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町1-5-20 田端ビル 1F
TEL : 03-6273-7987

閉じる