araki_big
No.41

荒木 洋平さん

ブックハウス神保町 副店長
家族で過ごせる児童書専門店。
赤ちゃん連れのお父さん、お母さんが
困らない、“楽しい街”になってほしい

今年の2015年で10周年を迎える「ブックハウス神保町」は、本の街といわれる神田の中でも数少ない児童書専門店。副店長の荒木さんはブックハウス神保町がオープンしてすぐに働きはじめました。

ここで働く以前は、出版社で編集の仕事をしたり、本の倉庫でフォークリフトの運転手をしていたこともあったという荒木さん。「本をつくる仕事をし、本の流通にも関わり、次は売る仕事をしてみたい」と思っていた頃、ブックハウス神保町のオープンに誘われました。誘われたときは、ここで働きたいという気持ちを即答したそうです。

2年に1度行われる神田祭りでは、ブックハウス神保町の前を子ども神輿が通ります。子どもたちに本を親しんでもらい、その楽しさを知ってもらうために図書カードをプレゼントしています。

「ブックハウス神保町は、千代田区が推進している『赤ちゃん・ふらっと』に登録し、授乳やオムツ替えをできる場所を提供しています。今後も、この街全体が赤ちゃん連れで楽しめる街になってくれたら、と思います」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
ブックハウス神保町

ブックハウス神保町

パステル画か描かれた天井や、広い読書スペースなど、店内の居心地の良さが印象的な児童書専門店。読み聞かせなどのイベントも定期的に行われている。千代田区内に24カ所ある、授乳やオムツ替えをサポートするスペース「赤ちゃん・ふらっと」設置店。営業時間は11:00〜18:30。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1階
TEL : 03-3261-5691
URL : http://www.bh-jinbocho.jp

閉じる