これ
No.169

ゆきの さん

IYC神保町 ヨガインストラクター
より良く生きていくためのツールとして、ヨガでハッピーの連鎖の和を広げたい

都内に5店舗を展開する本格的なヨガスクールIYC(インターナショナルヨガセンター)で講師を務めるゆきのさんは、敬愛していたオーストラリアのモデル、ミランダ・カーがヨガを趣味としていたことをきっかけにヨガに興味を持ち、約3年半前から習い始めました。

憧れて飛び込むも、初めは心身共に困難ばかり、しかし続けていくうちに元々アップダウンの激しかった自身の感情の波が穏やかになっている事に気付いたそうです。

「ヨガをしているといらない執着を手放すことができ、多くのものから解放されることで、“生き易さ”を感じました。ヨガの持つ、精神と向き合う哲学的な側面と、心の内がマット上で形として表れる心体の一貫性に自然と惹かれていったのだと思います」

ヨガから受けた恩恵が、学ぶのみでなく自分の生業として人に伝えたいという想いへ変化させ、以降様々なジャンルのヨガレッスンを経て、流れやポーズに意味やストーリー性を持つトラディショナルなジャンル、アシュタンガヨガに辿り着きました。

「神保町のクラスではアシュタンガヨガの初心者コース担当で、地元の方が多く受講して下さっています。設立20年の歴史があるヨガスクールであるIYCと、古くからの文化や歴史を大切にしている神保町。地域の人と一緒にヨガをしていると、そんな、街との親和性を感じます」

ヨガの後に隣のスムージー屋や街のカレー屋に行くのがマイブームというゆきのさん。

「ヨガで身体を動かして、フルーツスムージーを飲んでから発汗作用のあるカレーを食べに行くなど、街を巡るうちに体内が循環していくような街の健康ルートがあると面白そう。ヨガスタジオがあるのも魅力。カレー屋さんが多いのも魅力。街にあふれたポテンシャルを見落とさず、繋ぎ合わせていくことで身体にとっても、そして人生にとっても良い循環の流れをつくりたいです」

ライター:EDITORYインターン 丸山飛鳥
(共立女子大学4年 建築・デザイン学科)

DATA
IYC神保町

IYC神保町

日本でのヨガの第一人者ケン・ハラクマが主宰するIYC(インターナショナルヨガセンター)の5店舗の中の一つ。 少人数制でじっくり落ち着いた環境でヨガを学べるのが特徴。 マイソールスタイルを中心にアシュタンガヨガ、ハタヨガ、陰ヨガなど、インストラクターによって異なる様々なスタイル、レベル、時間のクラスから選ぶことができる。 初心者は受付での申告が必要ではあるが、事前予約等は不要、レッスン開始の15分前までの受付で気軽にヨガを楽しめる。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-22 1F
URL : http://www.iyc.jp/yogastudios/jinbocho

閉じる