fukuo_big
No.46

福尾 悠介さん

有限会社 福尾商店
50年、100年とつづいていく寒天屋として
これからも最高級の素材と味を守っていく

福尾商店四代目代理である母と、そして職人さんたちと共に、神田で寒天屋を営む福尾悠介さん。小さいながらも、明治19年から受け継いできた伝統を丁寧に守る老舗です。北海道などの遠方からも福尾商店の寒天を求めてやってくるお客さんは少なくありません。
お昼時や夕方、仕事帰りの時間になると、福尾商店はあんみつやところてん、くずもちなどを買い求めるお客さんで賑わいます。

「父は私が小学生の頃に他界していますが、その当時のお客さんや私が生まれる前からのお得意さんが、今もお店に訪れてくださいます」
福尾商店での仕事は、製造から販売まで、働く全員がなんでもこなさなければいけません。そんな忙しさが吹き飛ぶ嬉しい瞬間は、お客さんに「寒天、美味しいですね」「ここのあんみつ以外は食べられない」と言ってもらえるときだといいます。

「うちの天草は伊豆七島と伊豆半島から取り寄せる最高級の天草です。日本のものだけ、無添加のものだけ、というように、とにかく素材にこだわっています。味は落とさず、寒天の美味しさを多くの人に味わっていただくために商品のバリエーションも慎重に増やせていけたらと考えています」

ライター:EDITORYインターン 水谷冬紀
(成蹊大学4年 法学部政治学科)

DATA
有限会社 福尾商店

有限会社 福尾商店

明治19年創業、寒天造りの老舗。厳選された原材料を使用し、一切の添加物を使用しない。店頭では基本的に持ち帰りの商品を取り扱う。商品は全国への発送も可能。営業時間は10:00〜19:00 土曜日は10:00〜17:00、 定休日は日曜・祝日。

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-34-4
TEL : 03-3251-1635
URL : http://fukuo-shouten.keeping.jp

閉じる